アップスターは1日だけでもレンタル可能?

アップスターレンタルの疑問はここで解決!

このサイトでは、アップスターのレンタルは1日から可能であるのかどうかの説明や価格や借りるための方法に関する解説を分かりやすく載せています。
また、借りるときに高さ調節はできるのかやコンパクトで使いやすいものなのかどうかについても詳しく説明している記事を掲載しています。
1つでも気になる記事や知りたいと感じる情報があれば、チェックしたり、調べてみることで、知っていた知識をアップデートできることに間違いなしです。

アップスターのレンタルは1日から可能?価格やレンタル方法を分かりやすく解説

アップスターのレンタルは1日から可能?価格やレンタル方法を分かりやすく解説 アップスターを日頃からお仕事をする際に使っていると言う方はいらっしゃるのではないでしょうか。
主に作業をする際に使うものとなっているため、お仕事を行うときに必須だと言う方も多いものとなっていますが、購入すると値段がかかかってきてしまうため、購入することを諦めてしまう方は少なくありません。
諦めてしまうと言う方は、アップスターのレンタルのサービスを利用すると良いでしょう。
しかし、このサービスを利用したことがない方もいらっしゃるので、これからアップスターのレンタル価格や方法について解説していきます。
アップスターを購入する値段は高いため、レンタル価格も高いことに間違いありません。
ですが、買うよりは安く借りることができます。
また、借りる方法として、実店舗やオンラインショップの2つの方法があります。

アップスターのレンタルには日数調整が重要

アップスターのレンタルには日数調整が重要 アップスターのレンタルは日数調整をしっかりと行うことが、スムーズに現場を回るためのコツです。
簡単に高さの調整ができるアップスターは、天井作業や高所作業を行う現場において欠かせない存在です。
溶接や塗装をはじめとした現場作業はもちろんのこと、高い棚の整理をする店舗作業、空港や港での作業でも使われています。
多くの現場で活用されているアップスターは、工事を行う日数によって貸し出し期間を調整するのが一般的です。
貸し出しを行っている会社によって指定される日数は異なり、最低保証日数が設けられていることもあります。
たとえば10日間の最低保証日数が定められている場合には、1日だけ利用して返却したとしても保証日数である10日分の料金を支払わなければいけません。
1日だけしか使用しなかったのに最低保証日数分の料金がかかってしまっては、予算の無駄使いになってしまいます。
このような事態を避けるためにも、アップスターのレンタル時には日数調整が重要になります。
現場の進捗に合わせて日数調整し、アップスターのレンタルを行うことで、予算の無駄使いなどを防ぐことができるでしょう。
きちんと日数を把握すれば、現場の資材も管理しやすくなります。

アップスターはその見た目に反しの安全性が高い

アップスターをご存じでしょうか?UPSTARTではありません、アップスターです。聞き馴染みのない言葉かもしれませんが、簡単にざっくり説明させていただきます。おそらく建物の改築作業や工事現場などの際に見かける、工事現場の方々やとび職の人が作業するために周りに鉄格子が複雑に組み立てられている高台のようなものです。
実はアップスターは一つ一つ鉄格子をトラックで現場付近まで運搬しその場で組み立てられているのではなく、すでに組み立てられている骨組みがマジックハンドのようにたたまれた状態で搬送して、折りたたまれた骨組みを組み立てて使用されるのです。なので、歩道からみた無骨な見た目に反して非常に安全性が高いのです。
昨今では、様々な建設会社がより安全性が高く、環境問題に配慮した独自の特色を活かしたアップスターが多く開発されています。また、制作に使用される材質にも着目し、より軽量で扱いやすく作られてるようです。このような企業努力のおかげでより安全にかつ効率が上がっていくのは現場にとっては喜ばしいことです。

上下昇降がアップスターとローリングタワーとの違い

建設現場などで活躍するアップスターとローリングタワーは、違いがわかりにくかもしれません。しかしローリングタワーとの違いは明確にあり、使用する場所や目的に合わせて使い分けられています。
アップスターとローリングタワーとの違いはいくつかありますが、まずは組み立てです。ローリングタワーの組み立てには時間がかかり難しい作業ですが、アップスターなら簡単にできます。また作業床を上下に昇降可能な移動式足場であるため、作業員は自由に移動ができます。
ローリングタワーも移動は可能ですが、足場を上下に移動できないため使い勝手はあまり良くありません。さらにキャスターを取り付けるなど組み立てにも時間がかかるので、スピーディーに足場を用意したいときには向いていないと言えるでしょう。
もちろん使用する場所の状況によって、使い勝手は変わってくるの一概には言えません。基本的にはアップスターとローリングタワーは、同じ足場でも上下に昇降できるかどうかの違いです。

アップスターを現場で使用する人におすすめ

アップスターを簡単にレンタルすることができるので、現場で是非活用したい商品を紹介します。そもそもアップスターとは手動で簡単に昇降していく道具です。アルミ製で軽量であり、移動も簡単にできるのがメリットといわれています。作業面積は約1.5メートル×0.6メートルの狭い幅でも作業できるようにできているのです。
レンタルの場合は、最低10日間保障となっています。仮に1日で返却しても、10日分の料金が発生してしまう計算となります。そのために、レンタルするならば、10日間は計算して使用したほうがお得です。ただし塗装目的であったり、塗装を含む作業の場合は断られるので、その点は注意が必要です。また、アスベストなどの放射能関連作業をする場合も除外されています。
万一必要となった場合は、簡単に見積もりをしてもらえるので、一度見積もりをしてもらうことをおすすめします。利用の際に紛失などがあると料金が発生するので、その点も注意が必要です。

現場で必須!アップスターのサイズに関することについて

現場では高所の作業も沢山あります。天井板を張り替える、高所の窓のクリーニングや設置、吹き抜けの照明器具のメンテナンスや設置など実にたくさんの作業が存在しています。
そこで現場で約二立ってくれるのが、アップスターなんです。サイズ展開も豊富であり、25型36型43型があります。この三つのサイズ展開で、ほとんどの現場の高所作業に対応できます。それぞれの最高地上高は25型は2580mm、36型は3620mmで43型は4350mmとなってるのです。アップスターは高所作業に非常に便利ですが、使うにあたって注意点も沢山あります。それは最大荷重積載量を事前によく確認して使うことが大事です。重いものをたくさんの載せることで転倒の事故が相次いでいます。車輪が急に動いてしまい危険にならないためにストッパーを必ず使う必要があります。そして基本的なことは、ヘルメットや安全帯を装備し、安全管理責任者など現場監督を置いて作業しなければいけません。

現場で必要不可欠!アップスターの注意点に関する事について

工事現場などでは様々な什器や機器を持ち込み作業しないといけません。特に照明器具を取り換える、天井板を張り替える、吹き抜けの高き窓を清掃作業するといった高所作業が必要な場合には、アップスターを用いて仕事をする必要があるのです。
アップスターは高所作業に便利ですが、一つ間違ってしまうと大事故につながったり、命の危険もあるので注意点がいくつかあります。まず一つは、安全管理責任者など管理監督する人を配置することです。実際に作業する人は、安全帯やヘルメットの着用は必ず行わなければなりません。そのうえで水平で平坦な場所で必ず使用する事を遵守しましょう。さらには急に転倒したり移動してしまわないように車輪のブレ−キとアウトリガ−を確実に使用しなければなりません。最大積載荷重をあらかじめ確認して置き、それを超えないように使うことも大前提です。周辺の人がアップスターの近くや真下に来ないように、人の誘導や防止策を置くことも大事です。

●アップスターのレンタルにご興味のある方はコチラへ●

おすすめの溶接機レンタル

新着情報

◎2022/3/25

情報を追加しました。


>アップスターはその見た目に反しの安全性が高い
>上下昇降がアップスターとローリングタワーとの違い
>アップスターを現場で使用する人におすすめ
>現場で必須!アップスターのサイズに関することについて
>現場で必要不可欠!アップスターの注意点に関する事について

◎2021/11/30

サイトを公開しました

Copyrignt(c) 2021 アップスターは1日だけでもレンタル可能? All Rights Reserved.